ストレッチマークの予防はいつから?EVOL(イーボル)クリームの妊娠線予防効果

EVOLイーボル スキンケア

一度できてしまうと消えないストレッチマーク(妊娠線)。

今回は、ストレッチマークの予防をいつから始めれば良いかについて詳しくまとめてみました。
参考にしてもらえると嬉しいです。

ぜひ最後までじっくりとお読みください。

妊娠線予防だけでなく、マタニティアロマ配合で
ママにリラックス効果を与えてくれるストレッチマーククリーム
公式サイトはこちらから
↓↓↓

EVOL(イーボル) アロマストレッチマーククリーム

ストレッチマークの予防はいつから?

ストレッチマーク(妊娠線)の原因は?

体型が急速に変化することで発生するストレッチマーク 。妊娠や急激な体重増加などが原因ですが、実は急激な体型の変化があれば、誰にでも発生しやすいため、成長期の子どもや男性にも起きうる現象です。

妊娠の場合、お腹はもちろん太ももや二の腕、お尻、乳房にもできる可能性があります。

妊婦さんの約70%が妊娠線が発生するといわれています。

ストレッチマークはいつ頃からできる?

個人差はありますが、妊娠5ヶ月以降のお腹が本格的に大きくなる時期にできやすくなります。
お腹が大きくなりだすと、常に皮膚が張り詰めた状態なので、妊娠線はずっとできやすい状態になります。

ストレッチマークの予防と対策

ストレッチマークはできるとだんだん白っぽく退色していくので、目立ちにくくはなりますが、レーザー治療を行わない限り完全に消えることはありません。
ただ、妊娠線に確実に行う予防策は医学的に実証されていません。

でも、自分なりの予防をすることは可能です。

急激な体重増加を抑える
運動をする
妊娠線予防クリームやオイルで保湿ケアをする

そこでおすすめしたいのはEVOL(イーボル)アロマストレッチマーククリームです。

ストレッチマーク の予防はいつからするのが良い?

妊娠線予防に良い3つの方法は、いつから始めたらいいのかな、と思いますよね。

体質差もありますが、早い段階から予防に取り組んでも問題ありません。
習慣づけが大事だと思います。

安定期に入る妊娠16週目ごろからスタートして、妊娠32週目以降から後期にかけてはお腹が大きくなるので、朝晩2回塗ることをおすすめします。

EVOL(イーボル)のクリームの特徴とは?

妊娠線のケアをメインにした商品はたくさんありますが、妊婦さんはデリケートなので無香料や香りの少ないものが多いですよね。

EVOL(イーボル)は、妊娠線のケアだけでなく精神面でも安定できるように、マタニティアロマに着目して、マタニティケアセラピスト監修の元、妊娠線ケアでは珍しく精油を贅沢に使用した、香り豊かな妊娠線ケアクリームとして誕生しました。

精油は、妊娠時期に使ってはNGな物も多いので、マタニティでも使える精油を配合しているEVOL(イーボル)なら安心して使用できますね。

まずは手にとった時の香りを楽しんでください。

お腹に塗った後に手のひらに残ったクリームは是非手の甲や手首にも塗っていただき、ふとした動きの時にフワッと漂ってくるアロマの香りを楽しんでもらえたら嬉しいです。

妊娠線予防だけでなく、マタニティアロマ配合で
ママにリラックス効果を与えてくれるストレッチマーククリーム
公式サイトはこちらから
↓↓↓

EVOL(イーボル) アロマストレッチマーククリーム



コメント

タイトルとURLをコピーしました